スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネススキルを磨くことの意味

トヨタやソニーなど、超有名企業ですらリストラを行う中で、

あなたがしておかなければならないことは?


答えは2つ。

・会社に強く必要とされる人材になること

・自分で稼ぐ力を身につけること



このどちらかをやっておけば、食いっぱぐれることはない。



会社に必要とされる人材になるとは、どういうことか?

単純にいうと、それはビジネススキルを身につけるということ。

ロジカルに考えることができる、基礎的スキルがあれば、

求められる成果を出すことができる。


このあたりのスキルが不安ならば、

ここから学ぶといい。

>>ビジネススキルの基礎を学ぶ<<


ここのコンテンツを一度見せてもらったことがあるが、

さすが元外資系コンサルタントだけあって、

非常にわかりすいコンテンツだった。


ぜひおすすめしたい。




スポンサーサイト

セルフイメージ

インターネットビジネスだけに通ずる話ではないが、

最近つくづく思うのが「セルフイメージ」の大切さ。


このセルフイメージが高ければ高いほど、

その人の可能性は大きいと言えると思う。


昔は、セルフイメージなんて、胡散臭いもの信じられるか、

と思っていた。


実態はないし、精神論的な話だったので、

どちらかというと嫌いな種類の話だった。


しかし、最近はつくづくセルフイメージが大切だと思う。

自分の限界を決めるのはセルフイメージだと思うし、

セルフイメージを高く持つことで、可能性は大きく広がる。


例えば、先日エチカの鏡でやっていた「ブスママ」をご存じだろうか。

彼女は、自分は「ブス」だけれども、「ブス」にしかできないことで勝負しよう、

そう思い、容姿端麗な女性がひしめく銀座で、成功を勝ち得た。

それはひとえに、彼女のセルフイメージの高さ、所以だろう。


彼女は、「自分は銀座で成功できる」と思っていた。

「自分自身には価値があり、ブスという立ち位置で、お客さんに肩の力を抜いて気楽飲める空間を提供できる、素晴らしい人間なんだ」

というセルフイメージがあったはずだ。

だから、彼女は成功した。

死に物狂いの努力はあったと思うが、正確な表現をすると、

「自分がたどり着くべきところに、予定通りたどり着いた」

といった感じなのだろうと思う。



リアルビジネスでも、セルフイメージは大切だが、

インターネットビジネスの世界でもそれは同じだろうと思う。



成功している人間は、例外なくセルフイメージが高い。

自分が、どんな立ち位置で、どのような価値を提供できるか、

そのイメージが明確で、かつブレない。


あなたは、インターネットビジネスで、誰に何を提供したいのか?

そして、どのような立ち位置を確立したいのか?


細かなテクニックを学ぶ前に、セルフイメージを高く持つことが重要であると思う。



プロフィール
ベストオブダンケネディ【無料】

スタイルストラテジー

Author:スタイルストラテジー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。